税制におけるメリット

生活の中で所得が発生すると所得税を支払わなくてはいけません。ですが条件を満たすと所得税を減らせるときもあります。個人型確定拠出年金を利用するときに得られる税制上のメリットにどんなものがあるのか調べてみましょう。

手数料の仕組み

投資信託の手数料ってどうなっているの?

売買をするときに手数料が発生する

銀行の定期預金を利用するとき、特に手数料は発生しません。しかし株式の売買だと発生するケースがほとんどです。同様に投資信託でも売買時には手数料が発生する可能性があります。個人型確定拠出年金で運用するとき、積極的に増やそうとするなら投資信託を選択するでしょう。その時は売買手数料を考慮するようにしましょう。購入時の手数料は販売手数料と言われていて、購入する金融機関によって決められています。売却時には信託財産留保額と呼ばれる手数料があり、こちらも一定の率が設定されています。購入時であれば、ノーロードと呼ばれる商品を選ぶとお得です。これは販売手数料が無料の商品で、ノーロードの商品をたくさん扱っている金融機関もあります。

保有している間にかかる手数料

商品を買うときに手数料がかかるとき、手数料分を上乗せして支払います。かかるのはあまりうれしくありませんが、一応支払った認識はできます。金融商品の投資信託にもいろいろな手数料がありますが、支払っている認識がしにくいので注意しないといけません。個人型確定拠出年金を投資信託で運用するときの手数料として信託報酬があります。保有している間毎年のようにかかる手数料で、年率で0.5パーセントから数パ―セントの間で設定されています。いつ引かれているかなどは認識できず、いつの間にか資産から減らされています。積極運用タイプには信託報酬が高いものがありますが、信託報酬以上に成績が良くないと増えないので、選択時に注意が必要です。